こだわりのコンテナ情報

コンテナハウスの投資かはたまた、トランクルームの投資か、検討している人たちも多いでしょう。

果たして、トランクルームの投資とはどのようなものを言うのでしょうか。そして、コンテナハウスの投資とはどのようなものなのでしょうか。しっかり区別することからはじめてみましょう。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

トランクルームの投資とは

トランクルームは、荷物を預けるための倉庫だったり、貸しスペースのことを言います。普通、私達が使用しない荷物のあずけ場所としては、頻繁に利用している人たちがいるので、投資としても有効的に活用することができます。

毎月の利用料金が収益となり、月極駐車場とは似た感じになるのではないでしょうか。

トランクルーム投資は、大きく分けて「屋内型」と「屋外型」の種類があります。

トランクルームとコンテナハウスの違い

なんとなく、コンテナハウスとトランクルームは同じようなものという認識の仕方をしている人たちが多いかもしれません。

例えば、屋内型のトランクルームは、空き店舗や、事務所を専用のパーテーションなどで区切ってトランクルームとして貸し出す方法を取ります。

物件を用意することができれば、改装自体は、 300万円あたりですることができます。

屋外型コンテナ投資は、専用のコンテナを更地に設置、コンテナを倉庫として貸し出す方法です。

大きな荷物を預けたり、バイク倉庫などとしても利用することができるでしょう。こちらは初期投資が高額になる傾向があります。

トランクルームは初期費用の面では、コンテナハウスの投資よりは、メリットは大きいと感じる人たちが多いでしょう。

コンテナハウスの場合、コンテナ1基の購入費用は150万円あたりかかってしまうことになります。

ただし、コンテナハウスの投資は、 毎月のランニングコストは地代だけという感じであり、 家賃を負担しなければならないトランクルーム投資と比較して、収益は、コンテナハウスの投資の方にメリットがあるのではないでしょうか。

基本、コンテナハウスの投資の場合、撤退する際にかかる費用も高くなる傾向が高いため、はじめて投資という方々は、トランクルームの投資をスタートして、次には、コンテナハウスの投資をしようというモチベーションがいいのかもしれません。

いかがでしょうか。トランクルームの投資も、コンテナハウスの投資も、稼働率は100%にすることができるかが決め手です。

そうなれば、かなりの収益が見込めるため、収益率は他の投資よりも高く、安定していると言うことができます。