こだわりのコンテナ情報

木造住宅と比較してコンテナハウスには、まだまだいろいろなメリットを見つけることができます。

実際にコンテナハウスと比較して、木造住宅の方が、リーズナブルに建てることができるかもしれませんが、シロアリ被害や虫が発生の問題をいずれ抱えてしまうかもしれません。

コンテナハウスを探すなら中古コンテナ.net

コンテナハウスは40年以上長く使用できる

では、コンテナハウスの方はどうなのでしょうか。コンテナハウスでも、シロアリ被害や虫が発生の問題は起こる可能性はあります。

断熱材などにはいろいろ問題を抱えてしまうでしょう。

また、コンテナハウスは、鋼鉄製なので、錆びるというデメリットを抱えていると思うかもしれません。

しかし、その問題に対しては、 外壁塗装のメンテナンスをバッチリしておけば、 40年以上長く使用することができます。

比較して木造住宅の方が、年月が経過してしまえば、いろいろメンテのお金がかかってしまうことでしょう。

固定資産税の課税対象外

そして、もうひとつのコンテナハウスのメリットは、コンテナハウスの場合、木造住宅と同様に、 固定資産税の支払いをする必要があります。

しかし、コンテナ製のトレーラーハウスなのであれば、すぐに移動させることができる状態なので、固定資産税の課税対象外です。

木造住宅と比較してコンテナハウスはどうのなか

実際に、みなさんがイメージしているコンテナハウスのイメージとは若干違うという感じもして来たのかもしれないですよね。

木造住宅と比較して、コストの面からコンテナハウスにしようという選択肢は間違っているような感じがします。

でも、遮音性や耐火性、耐震性について考えるとコンテナハウスに木造住宅よりも大きなメリットを感じることができます。

更に、コンテナハウスのメリットについて追求すれば、コンテナハウスにはあらかじめ決定しているサイズの規格というものが存在しています。

海上輸送用コンテナに合わせたサイズがそもそも存在しているから、建築用コンテナハウスだとしても、海上輸送のコンテナとしての輸送方法を活用することができます。

設置する土地へアクセスすることができるのであれば、大型トラックやトレーラーを使用して、あらかじめ工場で作ったコンテナハウスを現場にそのまま移動することができます。

ですから、木造住宅と比較して、コンテナハウスの方が、スピーディーに完成させることができます。

また、コンテナハウスのメリットは、 住居まるごと他の土地へ引越し出来る点です。