こだわりのコンテナ情報

海上輸送で活躍しているのはコンテナです。 あなたは、現在、世界で、どれだけの数コンテナが船で移動しているのかご存じでしょうか。

最近では、中国の会社のコンテナが段々と目立つようになって来ました。

世界中で欠かすことができないと存在といえば、やっぱりコンテナです。

海上輸送のコンテナの概要

現在、海上輸送のコンテナは、1年間に運ばれるコンテナ数は、20フィートコンテナ換算『TEU』1億2千万あたりから1億3千万個程度と言われています。

今後、もっと海上輸送のコンテナ需要は増え続けることでしょう。また2000年あたりでは年間で5千6百万個、海上輸送のコンテナは、突然、このような増加現象が起きたともいうことができます。

巨大化するコンテナ船

海上輸送のコンテナをたくさん積むためどうすればいいのでしょうか。

海上輸送のコンテナをたくさん積むための答えは、コンテナを輸送する船自体も大型化することです。

海上輸送のコンテナは、まさに、巨大化するコンテナ船にも今後大きく関わりを持つことになります。

新しく運航をスタートした日本の船会社(商船三井)のコンテナ船ですが、長さ400メートル、幅58.8メートルという大きさであり、現在世界最大です。

そして、今後海上輸送のコンテナの増加によって、もっと大きなコンテナ船が誕生することになるかもしれないですよね。

長さ400メートル、幅58.8メートルの
コンテナ船には、最大20170のコンテナを載せることができます。

コンテナ船と言っていいのか、はたまたそれは、海上に浮かぶ巨大な倉庫という感じにも見えるのではないでしょうか。

また、巨大コンテナ船だからこそ一見スピードが遅い印象も受けますが、そうではありません。

そのような巨大コンテナ船が、東京港からスタートして、米国西海岸のロサンゼルスのロングビーチ港までの距離を11日で航海完了出来てしまうのです。

海上輸送のコンテナの安全性

そして、海上輸送のコンテナは、安全輸送をしなければなりません。

海上輸送のコンテナが安全なのかといえば、まさに、海上輸送のコンテナは、金属の箱なのです。

相当強い衝撃にもしっかり答えてくれることができます。

船に積み込まれたコンテナは、コンテナに取り付けられた固定機構によって、コンテナとコンテナががっちり固定、まさに安定度は抜群です。

また、 荷崩れ防止の金属ワイヤーによって外側からしっかり固定されるので、たくさん積んでも安心して輸送を実現することができます。