こだわりのコンテナ情報

コンテナハウス投資をしようとしている方々、コンテナハウスの抱えているデメリットの問題もしっかり注目して判断しなければならないでしょう。

コンテナをコンテナハウスにする際にネックとなるのが窓などの開口部などに対してです。海上コンテナには窓はありません。

コンテナハウスとして窓をつけようとすると、壁の強度が落ちてしまって、耐久性が一気に下がってしまのうでしょう。

それでは、建築確認申請を通すことはなかなか出来ません!

コンテナハウス投資をしようと計画していた人たちは、リサーチ不足で計画性が全く狂ってしまうかもしれません。

コンテナハウスの投資をしようとしている人たちは、コンテナハウスのため、コンテナを新しく製作する必要があります。

ローンを利用しにくい

真剣に投資について考えるのなら、不動産投資ローンを検討している人たちも少なくはありません。

しかし、コンテナハウス投資と向きあえば、ローンがなかなか利用出来ないデメリットを抱えていることに気付くでしょう。

「本人の属性」とか「物件の担保評価」あたりがローンの審査対象となりますが、コンテナハウスについては、投資物件としてまだほとんど歴史なく未知なる部分が多いという意味合いでは、金融機関ではなかなかいい評価をしてくれないことが多いです。

ローンが通過しないと、なかなか思い通りの投資計画は出来ないでしょう。

それでもコンテナハウスの投資にメリットはある?

日本は高齢化社会を迎えて、そろそろ真剣に投資について考えている人たちも少なくないでしょう。実際にコンテナハウスの投資はどうなのでしょうか。

コンテナハウスの投資は、一定の条件を満たすことができるコンテナハウスを設置することで、「小規模住宅用地の減額の特例」の適用対象となり、賃貸住宅のケースでは、「200㎡×住戸数」の面積まで、大幅な減額措置を受けることができるメリットがあります。

コンテナハウスは家を建てるのではなく、コンテナを組み合わせて賃貸住宅を建てることになるため、建築にかかる費用がリーズナブルというのも事実です。

ただし、あなたが想像している程リーズナブルにコンテナハウスを設置することができるかは、更にリサーチしなければならない問題です。

コンテナハウスでも、建築物には該当するため建築基準法を満たさなければなりません。コンテナハウスは、「建築基準法第2条第1号」に規定する建築物に該当します。

中古のコンテナハウスで、コンテナハウスの投資について検討している方々は、要注意です。