こだわりのコンテナ情報

木造住宅と比較して、コンテナハウスの選択肢であれば、 住まいごと他の土地へ引越しすることができてしまうのです。

コンテナハウスのメリットを充分堪能していただきたいから、何度も引越ししていただきたいですね。

コンテナハウスは住まいごと他の土地へ引越し出来る

木造住宅の場合、一度、その場所に建築してしまったら、ずっとそのままその場所に住み続けなければならないですよね。それは、当然のことです。

しかし、当然を逸脱しているのが、コンテナハウスという新しい発想なのです。

あなたがもしここで木造住宅ではなく、コンテナハウスという選択をすれば、自由気ままに引越ししたい放題なのです。

そのスタイルは、若い人たちにとって格好いいと感じるものかもしれないですよね。

木造住宅と比較して、やっぱりコンテナハウスに住むスタイルは格好いいのだと思います!

引越ししなければならないときもあるでしょう。そのようなとき、長く住み続いた木造住宅は、なかなか売り手がつかないのかもしれません。安い価格で買い叩かれてしまうだけです。

コンテナハウスの選択肢の場合、外壁塗装のメンテナンスを行っていれば、40年以上そのままの状態を維持することができ、20年経過してそろそろ引越ししようと思えば、コンテナハウスごと引越し出来てしまうのです。

コンテナハウスにはデザインの自由性がある

また、コンテナハウスには、デザインの自由性があります。

コンテナハウス一個では自由性が乏しいと感じるかもしれませんが、コンテナハウスは、並べたり繋げたり、上に積み上げたりすることができる自由性があります。

木造住宅の場合、2×4(ツーバイフォー)や2×6(ツーバイシックス)という木造建築のルールに従う必要があるので、そのような意味では自由性は低いと考えることができます。

さて、はじめてコンテナハウスという方々は、気軽なモチベーションでコンテナハウスと向きあうことができるのでしょうか。木造住宅と向きあって一人で作ろうと思ってもなかなか厳しいかもしれないですよね。

しかし、コンテナハウスの場合、あらかじめ決まっていることが多いので、建築の知識がそれほどなくても、間取り、インテリアなどを自分でデザインすることができます。

カフェ・フードを提供するショップにおいて、通行する人たちにしっかり店舗をアピールする必要があるので、エクステリアのデザインに個性を思い切り表現するというのにコンテナハウスという選択肢はおおいに有効利用出来るのではないでしょうか。