こだわりのコンテナ情報

コンテナハウスをこれから作ろうと思っている人たちもいることでしょう。コンテナハウスにはいろいろなメリットがありますがデメリットもあります。どのようなデメリットかということもあらかじめチェックしておかなければならない問題です。
ここでバッチリ解説しておきましょう。

コンテナハウスのデメリットコンテナハウスは、想像している以上安くないかも

多くの人たちは、コンテナハウスの料金が安いからコンテナハウスにしようというモチベーションが生まれるのではないでしょうか。

しかし、実際にコンテナハウスを作ってみて意外とお金がかかってしまった……ということが起きるかもしれません。

実際には、中古のISO海洋輸送用コンテナを使用してコンテナハウスを建築していた時代というものが存在していたのです。

そのような時代、中古コンテナは、そのまま海上コンテナを利用することができたので、リーズナブル価格で作ることができたでしょう。

しかし、現在は、コンテナハウスに対しての規制も相当厳しくて、 建築基準法をクリアするために、建築用コンテナを新しく製造して建築用として利用しなければなりません。

重量鉄骨を建てるよりはコンテナハウスの方がリーズナブルではないとか思いますが、実際に木造建築と比較してどうなのかと言えば、木造建築の方がリーズナブルというケースは出てきてしまうかもしれません。

移動はできるが簡単ではない

コンテナハウスは移動することができるからメリットが大きいと思っている人たちもいらっしゃるのかもしれないですよね。

事実、 コンテナ1台または2台程度のコンテナハウスというのなら、それ程ハードルは高くないでしょう。

しかしおおがかりなコンテナハウスを作ってしまったという場合は、ライフラインを全部外して、移動できる状態に分解、基礎からはずして移動という大きな作業工程があります。

ですから、実際にコンテナハウスを作った方々が、自由に移動しているのかと言えば、なかなか現状それが許されないケースが多いのではないでしょうか。

当然、引越し先の新しい土地購入のお金も必要になってくるでしょうし、基礎工事から再度組み立てする費用、ライフラインを引く必要も出てきてしまい、コストもかかって、期間も相当要してしまうことを覚悟する必要があります。

コンテナハウスと、トレーラーハウスをあなたは、ちょっと取り違えてしまっているのかもしれないですよね。