こだわりのコンテナ情報

コンテナハウスって、非常にオシャレで住んでみたいという方々もいらっしゃるかもしれませんが、実際に住んでどうなのか、もう少しリアルに注目した方がいいかもしれません。また、これからコンテナハウス投資を考える人たちもいらっしゃることでしょう。

あえて、コンテナハウスにはどのようなデメリットが存在しているか知ることに意味があるのでは。

コンテナハウス投資のデメリット

コンテナハウスで投資しようというモチベーションの方々もいらっしゃるかもしれないですよね。

そのようなときも積極的に投資!という前には、コンテナハウスの抱えているリスクもしっかり確認する必要があります。

まず、コンテナハウスの抱えている問題は、立地の制約です。

コンテナハウスは、現場で建築する建築物件とは違います。

コンテナハウスについては、工場で組み上げたモノを現場で設置するという流れを取ることになります。

コンテナハウスは、よって工期を短くすることができるメリットが存在していていいのですが、 完成した大型コンテナを輸送、また設置するため大型トレーラーのまま乗り入れできる程度の道路幅がそこに存在しているのかということも、あらかじめしっかりチェックしておく必要があります。

土地は問題ないからコンテナハウスを設置しようと思うものの、設置が難しいというリスクも出て来てしまうので、そのあたりのこともしっかり踏まえて、コンテナハウスの投資の検討をしてください。

建設コストは木造よりは高くRCよりは低いかも

次のコンテナハウス投資のデメリットは、賃貸物件仕様にするために鉄製コンテナを製作する必要があることです。

鉄筋コンクリートマンションよりはコンテナハウスの方がリーズナブルで作ることができるでしょうけど、木造と比較して、コンテナハウスの方が高くつくケースがほとんどです。

建築基準法の許可がおりない

中古コンテナをリーズナブルで購入することができるから、おおいに投資としてメリットを感じている人たちもいらっしゃるのかもしれないですが、そのようなコンテナハウスでは、建築基準法の許可がなかなかおりないから、全然投資計画が狂ってしまった……ということも起きてしまうでしょう。

貨物輸送用のコンテナは、ISO海上輸送コンテナであり、JIS鋼材が使用されていないので、コンテナハウスとして使用することができません。

投資目的でコンテナをコンテナハウスにするときには、どうしてもハードルを高くしてしまうのが窓などの部分です。

そもそも海上コンテナとして使用している分には、窓なんて全然関係がありませんよね。