こだわりのコンテナ情報

パナマ運河、そこには壮大な男たちのロマンがあります。この運河にどのような歴史があるのかお話ししましょう。海上輸送の業務においてもパナマ運河は、必要不可欠な存在です。

パナマ運河の歴史

1513年スペイン人バルボアが、パナマ地峡を横断、太平洋に到達して以来、多くの人たちがパナマ運河の完成をひたすら夢見ていたと言います。

それは、東西の大洋を結ぶという構想です。

1855年にはアメリカの民間会社がパナマ地峡横断鉄道を敷設することになりますが、パナマ運河に対しての夢は決して消えることがありませんでした。

実際にパナマ運河建設工事に踏み込もうとするモチベーションが起きたのは、1881年万国両大洋間パナマ運河会社を設立したことからです。

6億1,500万フランの巨費なる大々的イベントです。

パナマ運河は、おおよそ20万人の労働力を動かし、作られることになりました。

しかし、実際にパナマ運河建設工事は、困難極めることになり、とうとう1889年運河会社は破産するに至ってしまうことになります。

アメリカもパナマ運河建設工事には関心をもっていた

世界中の人たちがパナマ運河建設工事に関心を持っていたとも言うことができます。

アメリカも決して例外ではありません。

フランスが失敗したことを引き金として、事業引継のモチベーションは高まり、いろいろな面において、米国の管理の権利が及ぶようにと試みることになります。

しかし、コロンビア議会の署名に対して、コロンビアの態度は非常に冷たかったと言います。

パナマの反乱が勃発

そして、コロンビアからの独立を企てるパナマの反乱が勃発することになります。

そして、1903年11月3日パナマ共和国が誕生しました。

そこで、アメリカは、なんとしても新パナマ政府と条約交渉を進行させようと試みることになります。

ようやくアメリカは、ヘイ=ビュノオ・ヴァリリャ条約を結ぶことに成功して、パナマ運河の建設をアメリカが引き継ぐことになります。

アメリカで進行したのは、今まで向きあっていた海面レベル方式ではなく、水門式運河の建設です。

アメリカは、最新式の工事技術と、 3億7,500万ドルの巨額なる費用を投じ、 また10年もの歳月を費やして、1914年にパナマ運河を完成させることになります。

まだまだパナマ運河の歴史は、現在に至るまで続くことになります。

運河の管理や支配権もアメリカの手に委ねられてしまっていたことから、パナマサイドでは、不満の意向が表明されることになります。